茶色の精神的な意味

>

茶色

隠された迷信の意味を明らかにする

BORWN。自然、中立、そして素朴。

鈍くて感情がないと思われることがよくありますが、茶色は堅固さ、シンプルさ、親しみやすさ、信頼性、そして健康を表しています。エリザベス朝時代には、茶色は控えめで、無地の茶色の服は安価に生産できたため、僧侶と関連付けられてきました。色の意味は古くからさまざまなアートデザインで意味を表現するために使用されてきました。意味に関連する茶色は、信頼性、安定性、そして親しみやすさの表れでした。色は、全体性、地球とのつながり、安定性、秩序を促進する感覚を与えることに関して、人間の精神的および肉体的所属に影響を与えると考えられています。

色に関する最も迷信的な信念は、親しみやすさ、健康、シンプルさ、不動性、そして素朴さを指すときに考慮されます。ほとんどの場合、色は暖かさと全体性の象徴として描かれ、機能するために使用されました。ほとんどの場合、色は富に関連付けられており、色が使用された場合、特に子供の誕生時に、それは金持ちになると信じられていました。いくつかのケースでは、それは冬の季節に関連していました。



その重要性において、色は主に無関心な人に関連付けられています。例えば、恋人同士の関係が混乱し、茶色の布を着た恋人が偶然出会った場合、二人は無関心であると考えられた。他の色と一緒に使用した場合にも、その色は重要な意味を持っていると考えられます。結婚していない男性への女性など、個人に贈り物が贈られた後、その贈り物が茶色と緑色のブレンドでできていた場合、将来的には2人はカップルになると考えられていました。それは地上のペアを意味しました。



茶色が黄色またはオレンジ色と一緒に使用されるときはいつでも、それは保存の象徴でした。そのため、古代やアフリカの環境では、ベッドでおならや不従順などの重大な違法行為があった場合に女性が夫から追い出された場合、その女性はヤギを連れて戻ってくることが期待されていました。まろやかな黄色で茶色の斑点。これは、関係が強固になり、その結果、長期間続くことを示していました。同時に、そのようなヤギは、特に長期間の戦争の後で、2つのコミュニティが合意に達しようとした場合に犠牲を捧げるために使用されました。ですから、旧約聖書では、そのようなヤギは、イスラエル人の罪を赦し、その結果、神との関係を保つために、贖いの間に使われました。



人気の投稿