セントクリストファー

>

セントクリストファー

隠された聖人の意味を明らかにする

クリストファーはローマカトリック教徒によって殉教者と認識され、正教会のキリスト教徒である聖クリストファーは、3世紀に249年から251年の間に支配したデキウス皇帝の支配船の間に、または308年から313年のマクシミヌス2世ダシアンの支配船の間に殺されました。 2つの名前が似ているように見えるため、どちらの日付であったかは明確ではありません。

以下の請願を要求する:

  • 旅行。
  • 事故。
  • 突然死。
  • 饗宴: 7月25日
  • 日: 水曜日
  • キャンドル/エンブレム: ネット
  • 関係事項: 事故、突然死、安全な旅行からの保護のため。また、伝染病を治すために。旅行者の守護聖人

聖クリストファーは5月9日に東方正教会によって崇拝されます。三座暦では、彼は7月25日に民営化された大衆でのみ行われることを許可された記念です。その後、1954年までに一般ローマ暦に示されているように、制限はしばらくして解除されました。ローマカトリック教会による聖クリストファーへの献身の承認にもかかわらず、教皇ヨハネパウロ6世は1969年に暦から彼の饗宴を削除しました。削除されたのは、記念が非常に遅く行われたため、記念がローマの伝統と一致せず、非倫理的な方法でローマカトリックに導入されたためです。これは、ごちそうのローカライズにつながりました。

聖人の崇拝と儀式化

さまざまな教会が聖人を表彰しています。聖人を崇拝する教会の中には、毎年5月9日にそれを行う東方正教会があります。崇拝にはさまざまな賛美歌と文学の朗読が伴い、皇帝が聖クリストファーに首をかしげる命令を出す前に、彼をハーロッツにさらすことによって聖クリストファーに与えた誘惑を示しています。



現代の実用的なアプリケーションでは、正統派は彼のイメージを身に着けるか、長い旅のために旅行するときに保護を得ることを目的としてそれを彼らの車に入れます。



遺物

聖クリストファーの頭蓋骨は金の容器に詰められており、クロアチアのラブ島にある聖ジャスティン教会にある聖なる芸術として知られる博物館に保管されているという主張があります。頭蓋骨は11世紀にそこに運ばれ、その都市の壁に置かれ、サカレン軍による都市の乗っ取りの試みを奇跡的に破壊したと考えられています。



メダル

聖人は、彼の名前とイメージを持ち、さまざまな信者によってペンダントとして身に着けられているマタリオンによって尊敬されています。ペンダントは聖人と聖なる主人への献身を証言する旅行者の間で一般的であり、全体的な見方では、ペンダントは受け取ることができる祝福に起因します。聖人を称えるさまざまな彫像が自動車によく見られます。これは、旅行者がさらされる事故からの保護を提供するのに役立ちます。

セントクリストファーによる後援

この聖人は、多くの信者、特に次の経歴や経歴の信者の間で非常に一般的です。陸上競技、海洋、フェリーの労働者、さらには旅行者。ローマカトリック宗教の14人の助っ人の一人であると彼にしばしば言及されます。セントクリストファーは、旅行者や旅行全般に関連するいくつかの問題を後援しています。これらの問題には、照明、疫病、アーチェリー、学士号、船頭、てんかん、製本業者、洪水、食料品、園芸、フラー、聖なる死、海洋からの保護が含まれます。 、市場向けの運送業者、自動車事業者、暴風雨、航海、サーファー、登山、歯痛、および輸送のキャリアにおける労働者。

人気の投稿