木星ローマ神

>

木星の神-ローマ、ギリシャ神話、事実、記号、意味

ローマ神話とギリシャ神話の木星

ジュピターの本名はジュピターオプティマスマキシマスでした。これは最高であることを表しています。

木星は多くの異なるローマの神々の父となり、彼の恋人たちに情熱を注いでいました。彼はローマ戦争で非常に著名であり、軍隊によって崇拝されていました。ローマ人は戦前に彼を守り平和をもたらすために彼に祈った。古ラテン語では、木星という言葉は父親を意味します。私たちの現代の世界では、神のジュピターは、タイタンの戦いや不滅の戦いなど、さまざまな種類のテレビ番組や映画に見られます。私はFloです。ここでは、木星の話を簡単に理解できるように説明します。あまりにも多くの情報があり、混乱しすぎているので、これをできるだけ単純にするために、これを質問と回答に分解しました。下にスクロールするだけで、この素晴らしく情熱的な空の武将について詳しく知ることができます。

ゼウスの物語は何ですか、それは神ジュピテルと同じですか?

はい、ギリシャ神話では、神木星(ギリシャ神話ではゼウスとしても知られています)は同じ物語を持っていますが、キャラクターの名前は異なります。木星は、兄弟たちと戦いを繰り広げた後、父親であった土星(ギリシャ語でクロノス)を倒しました。ギリシャ神話ではポセイドンとハデスと呼ばれています。木星のこの物語と神話は非常に強力です。ラテン語の木星はルピタを綴ります。すでに触れたように、ギリシャ神話の木星はゼウスと空と雷の支配者として知られており、彼には約2人の兄弟と3人の姉妹がいました。ローマ人もギリシャ人もこの神を崇拝し、彼が本当に支配者であると信じていました。ローマ神話とギリシャ神話の両方で、物語は区別がつかず同一ですが、名前が変更されています。



木星は彼の父(ローマでは土星として知られている)と(ギリシャではクロノス)を倒した。私は他の方法と同じように名前を同じ意味で使用しましたが、多少混乱する可能性があります。木星は12の強力なオリンポスの神々の指導者であり、本質的に王国全体を支配していました。神ジュピテルは、空と天の神と見なされていました。彼は彼の有名なシンボルである武器として雷と稲妻の両方を定期的に使用していました。彼の姉妹はヘスティア、デメテル、ヘラ(ギリシャ語の名前)でした。ジュピター/ゼウスはリーダーであり、彼が戦争で使用した主なシンボルは落雷として知られていました。もちろん、彼の父を倒した後、彼は権力を獲得し、後に多くの異なる神(アテナ、アレス、アルテミス、アポロ、ディオニュソス、エルメス)の父になりました。ローマ神話の神の名前は異なります。これについてはこの記事の後半で説明します。 。



彼は情熱的で、愛情深く、誘惑された女性だったと結論付けることができます。彼は多くの事柄を持っていた。興味深いことに、木星の神は、嵐の制御、暗闇の作成、雷雨の指揮、空の混乱の作成などの特別な力を持っています。私の研究とギリシャ神話の本を読むのに何時間も費やしたことで、この神が変化と調和の法則を表していることは明らかです。木星は非常に精神的な神であり、明確な指導者であり支配者です。ほとんどのギリシャの物語では、彼はオリンパス山に住んでいて、彼のカウンセラーはダイス、テミス、ネメシスでした。この神が転覆する力を持っているが、彼は共同体の保護者でもあったというギリシャの記述はたくさんあります。



アヒルの精神的な意味

人々は古代に神について何を信じていましたか?

人々は、神々が生命そのものを支配していると信じていました。古代ギリシャ人は神々に祈るでしょう、例えば、彼らは収穫を祈るか、木星に雨、嵐または太陽を要求するように祈るでしょう。ギリシャの神々にシャワーを浴びる神話は、人々は実際に彼らが本物であり、彼らが人生そのものに影響を与えると信じていたというものです。明らかに、これは証明されていません。私たちの現代の世界では、私たちはこのように考える傾向がありません。あなたには知られていないが、私は今日、多くの種類のギリシャの神々に直面した。なぜ私がそんなばかげたことを言うのか考えているのかもしれません。ギリシャの神々の名前は、トロイの木馬ウイルスや、神にちなんで名付けられた星座を調べた場合など、私たちが毎日使用しています。私たちの現代の世界では、神の名前が私たちを取り囲んでいます。私たちはいつもそれを知っているとは限りません。

木星の話は何ですか?

天と地にはタイタンとして知られる12人の息子と娘がいました。これらの子供たちの末っ子は、ローマ神話ではサターン、ギリシャ神話ではクロノスとして知られる木星の父親でした。木星の誕生は非常に興味深いものでした。実際、木星は不確かな危険に満ちていました。木星の祖母(ギリシャ神話ではガイアとして知られています)は、私が読んだ物語から、人生で非常に不幸でした。彼女は宇宙全体を支配した土星(ギリシャ語でクロノス)の母親でした。土星は、神が存在する前に基本的に世界と空を支配していたタイタンに対する戦士でした。土星の父親の歴史についてお話します。それは興味深いものであり、木星の困難な子供時代への洞察を提供するからです。木星の祖父は天王星として知られているギリシャ神話にあり、彼はサイクロプスとして知られている彼女の子供たちの1人を拒絶することによって彼の妻を激怒させました。

3人の子供は100本の腕と50本の頭を持っているはずだったので、見るのはかなり醜いです。彼らは美しくなかったので、このために天王星は彼ら全員を冥界に追放しました。これは、木星の祖母にとって非常に悲痛なことでした。実際、彼女はこれらすべてに取り乱し、土地を支配するために土星と戦っていたタイタンの側に立った。後で私が下に書いた木星の話で読むように、これらの神々は、木星が権力を握ることができるように、土星との戦いと転覆を助けるために後で復活しました。



土星(木星の父)が決してしなかったことの1つは、冥界に閉じ込められていた自分の兄弟を解放することでした。これは木星の祖母を悩ませました。したがって、彼女はやがて土星を打ち負かす必要があることを知っていました。土星が実際に自分の子供(ローマ神話ではネプチューン、冥王星、セレス、ジュノ、ベスタ)を飲み込んだ理由は、子供たちを傷つけずに成長させたいが、さらに支配させたくないからです。土星の妻は、子供たちが何年も閉じ込められることを知っていたので、最終的には待って木星を救出し、最後に土星を倒して胃の中にいた子供たちを解放することにしました。

彼女は木星の妊娠を隠したかったので、彼が強く成長し、父親に飲み込まれないように、彼を産むために洞窟に行きました。ギリシャ神話では、彼女はレアとして知られていましたが、ローマでは彼女の名前はオプスでした。基本的に、彼女は木星を隠して隠したので、彼は成長することができ、彼は祖母に世話をされました。木星の祖母は、木星を赤ちゃんとしてアイダ山と呼ばれる場所に連れて行き、最も美しい黄金のゆりかごの中の木からぶら下がっていました。その理由は、彼女が土星に彼の泣き声を聞かせたくなかったからです。さらに、木星の祖母は動物を木の周りに置いて、赤ちゃんが泣いて存在するのを隠すのに十分な音を立てるようにしました。やがて木星は強い若いティーンエイジャーに成長しました。

ギリシャ語でゼウスという名前で知られる若い木星は、白いビリーヤギに続いて丘を登りました。彼はついに山の頂上に到達し、クレタ島の最高点から荒れ狂う青い海を観察しました。彼が振り返ったとき、彼は彼の祖母であるガイアを見ることができました。木星の祖母は彼を育て、彼女は彼に言ったあなたは十分に強い今度はあなたの番です木星の心臓は鼓動を飛ばし、突然彼は恐怖を感じました。木星の父親であるサターン(ギリシャ語でクロノス)は、生まれたときに自分の子供を飲み込んだと言ったことを覚えています(そう、考える価値はありません)。その理由は、彼が当時の強力な支配者であり続けたいと思ったからです。

木星の仕事は、彼の兄弟姉妹を解放し、彼の父を転覆させ、権力を握ることでした。どうやら、伝説は、木星の母親が最初に木星の代わりに石を飲み込ませてクロノスをだましたということです。今こそ木星が権力を握る時でした。この小さな男の子は、彼がかなり強くてかなり賢いと感じるように成長しました。彼は十分に年をとったので、これは彼が彼の父に直面しなければならなかった時であることを知っていました。彼は父親のサターン(ギリシャ語でクロノス)に初めて会いましたが、ご想像のとおり、少し緊張していました。

彼は父親に会ったとき、妻が調達するのを手伝ったメティスと呼ばれるタイタンからのポーションである飲み物を彼に与えました。ジュピターの母親は、ジュピターが彼の兄弟姉妹を逆流させるために、これを父親に与えることを組織しました。次に起こったことは、サターン(ギリシャ語でクロノス)が以前に飲み込んだ石が突然彼の口から来て、木星の足元に着陸したことでした。彼の兄弟姉妹は彼らを解放してくれた木星にとても感謝していたので、彼らは彼が支配者になることを支持しました。

タイタンはさらに土星(ギリシャ語でクロノス)との戦いを助けました。そして、これはオリンピック選手とタイタンズの間で神秘的な戦争が10年間勃発したときです。基本的に、タイタンは神の支配者であり、女神が存在していました。オリンピック選手は、タイタンと戦う世界を乗っ取ろうとしました。オリンピック選手は、古代神話の良い面として説明されました。

木星の祖母は、木星がサイクロプスを冥界から解放し、その見返りに木星の側に加わって戦うように要求しました。木星に彼の有名な稲妻を使って嵐に対する力を実際に与えたのはサイクロプスでした。彼は父親のサターン(クロノス)を殺した。その結果、兄弟たちはオリンピック王国を分割しました。しかし、この格差は等しくありませんでした。 The Aeneidとして知られるローマの本に含まれている木星の物語ですが、ギリシャでは物語の物語はホーマーのオデッセイにありました。ギリシャ神話は、ローマが同じものを採用する約1000年前のことでした。

天は分割され、木星は空を与えられ、ネプチューンは海を与えられ、冥王星は冥王星に与えられました。木星は優れた立場を維持し、基本的に地球、天国、そして生命そのものを支配しました。最終的な決定は、木星が土地の所有権と管理権を取得することでした。対照的に、ギリシャ神話では、土地は運命として知られているものによって支配され、ゼウス/ジュピターは人々と話すために空から降りてきました。

ゼウス/ジュピターは形を変えて、さまざまな生き物や動物に変わる可能性があります。ローマ人は火星を2番目に強力な神と見なしました。火星は戦争の神であり、ローマ人はこの神に祈ることが農業の発展に役立つと信じていました。木星は彼の兄弟の末っ子であり、彼はしばしばかなり攻撃的であると出くわしました。木星のギリシャとローマのまともなものを取り巻く他の多くの異なる要素と謎があります。私はあなたにいくつかのより興味深い事実を与えるために少し時間を費やすつもりなので、ここに行きます。

木星の話はどこから来たのですか?

木星のギリシャ神話は、時間と文明とともに進化しました。時系列で発生した特定のイベントはありませんが、物語を反映して書かれたさまざまなナレーターがあります。神々を取り巻くさまざまな神話や物語の多くは、痛み、嫉妬、情熱に焦点を当てていました。神々自体が本質的に完璧であることはめったにありませんでしたが、それにもかかわらず、彼らは従われ、崇拝されました。ローマ神話では、神々が地球上の私たちを支配していました。

木星はローマ人によってどのように認識されましたか?

木星は石として彼の人生を始めました、興味深いことに、ローマ人は石を崇拝しました、そしてこれは歴史、特に石器時代にさかのぼります。これは、税金が石材から作られることが多かったためです。ローマ時代には、私がすでに述べたように、木星は多くの人々に崇拝されていました。ローマ人はギリシャ神話から自分たちの神々の多くを取りました。ローマでは、木星を崇拝するために寺院が建てられました。彼は雨と雷の主であり、彼らが罪を犯した場合、死すべき者を罰するでしょう-まあ、これは彼らが信じていたものです。

惑星木星はこの神にちなんで名付けられました。多くのローマ人が空に歓呼し、木星はローマ国家を含む多くのラテンの町の守護神になりました。彼は古代の神として知られており、光源でもありました。また、多くのローマ人が宣誓を通じて木星に話しかけ、問題について彼の助けを求めたことが記録されました。

木星が戦争に勝った後はどうなりましたか?

タイタンとの第一次世界大戦後、木星は神々が現在マケドニアにあるオリンピアスの山で辞任することを確認しました。これは木星の玉座として知られており、神々がこれを変換し、人間と土地に何が起こるかについて決定を下す場所です。木星と彼の兄弟姉妹は山に住んでいました。

木星の物語におけるタイタンのつながりは何ですか?

初期の頃、木星は非常に早く成長し、山羊の角からアムブロシアーを飲むことで知られていたため、彼は強くて有能でした。彼は明るく有能な神に成長しました。父親を倒す前に、彼はギリシャ神話でメティスとして知られているタイタンの娘である女性と結婚しました。彼女は木星が自分で父親と戦うことを望まず、タイタンを支援に使うように彼に懇願した。

彼女は夫のジュピターの妻またはジュピター(相反する話があります)を心配していたので、サターンにポーションを与えて彼を病気にしました。彼が嘔吐したとき、ジュピターの足の前に子供たちが現れました。 (先ほど申し上げましたように)そのため、父親に対しては全部で6つの神がいました。彼らが土星を打ち負かすと、タイタンは完全に新しい神に支配されることにあまり満足していません。そのため、木星は空にさまざまな稲妻を武器として作り、タルタロスと呼ばれる場所にタイタンを投獄しました。

木星は何の神ですか?

木星は雷と稲妻の神です:天気。彼の象徴は、玉座、鷲、ライオン、鱗、落雷、そして最後に王笏でした。木星はギリシャの宇宙の神であると私はすでに概説しました。彼は他の12のオリンポスの神々を支配しました。彼はしばしば軽薄で魅惑的であると見られていました–多くの事柄と子供を持っています。木星が(ギリシャ神話で)レダを愛したとき、彼が白鳥であり、ワシと白い雄牛としても登場したときなど、木星が動物に変わったというさまざまな説明があります。

木星の神の事実とは何ですか?

この神のギリシャ語の名前はゼウスと呼ばれています。木星の称号は、神々の王として知られています。彼のシンボルは、鱗、王笏、イージス、ワシ、ライオン、玉座です。そして彼の出身地はオリンピック選手です。この神はヘラと他の女神と結婚し、彼の両親はクロノスとレハとして知られていました。彼はガイアとして知られている彼の祖母によって育てられました。さらに、彼はアマルテアと呼ばれるヤギによって育てられました。

木星の神の入れ墨があるとはどういう意味ですか?

木星の入れ墨を持っていることは、あなたが人生の困難な時期をコントロールしていて、真の戦闘機であることを示しています。明らかに、あなたは上記を読み、木星の神が支配者であることを理解しています。木星の入れ墨は、保護、幸運、バランス、経験、そして何よりも権威に関連しています。入れ墨は、あなたが自分の人生を担当し、王冠の支配権を持つことを象徴しています。木星は知恵と強さの象徴です。木星のタトゥーを入れることを考えているなら、体のこのシンボルは人生の状況間のバランスを表しています。

木星は誰と結婚し、誰と恋愛関係にありましたか?

木星の愛好家には彼自身の妹が含まれていました。木星の妻は、ローマ神話ではジュノとして知られていました。彼らには、バルカン、マールス(戦争の神)、ユウェンタース(酌取り)、さらにルキナとして知られる出産の女神を含む子供がいました。

彼が彼の妻を抱きしめていることを示す非常に有名な絵があります。木星はかなり魅惑的であるはずでした、そして、彼の妻は結婚の女神としてジュノとして知られていました。実際、木星には多くの異なる恋人がいました。彼はレトと関係を持っていました、そしてこれから子供アポロとダイアナを産みました。彼はさらにテミスとの関係を持ち、その結果、馬、パルカ、アストライアとして知られる3人の子供が生まれました。

もちろん、これらはローマの名前であり、ギリシャ神話では異なります。さらに、彼はマイアとマーキュリーと呼ばれる息子との関係を持っていました。ジュピターとセメレはディオニュソスを作成しました。明らかに、木星がかなり無差別だったという事実のために、彼の妻は嫉妬を引き起こした彼を信頼していませんでした。その後、彼はアルクメーネとして知られる女神と関係を持ち、彼らには英雄の神であるヘラクレスという名前の子供がいました。彼はガニメデとさらに関係があり、この女神と夜を過ごしました。彼はヨーロッパと呼ばれる女神に堕ち、彼らは恋人になりました。セメレーは彼の最後の恋人であり、バッカス神を産んだ。それで、あなたが言うことができるように、彼にはたくさんの子供がいました。彼の恋人たちの概要をあなたに提供するために、私はこれをつなぎ合わせました

神の木星の子供たちは誰ですか?

雷が起こったとき、誰もが(死すべき者は)それは木星と彼の妻、ジュノが彼の恋人たちをめぐって争っていたからだと信じていました。木星には、死すべき者、木と海のニンフと女神によって子供がいました。時々、ジュノはさまざまな方法で恋人を殺そうとしました。そして、木星愛好家の多くは実際に彼の妻を恐れていました。彼が持っていた子供たちは次のとおりでした:インビディア、堤防、金星、バルカン、火星、ミネルバ、ヘラクレス、アポロ、ディスコルディア、ダイアナ、ユウェンタース、バッカス、グレイス、ルキナ、ベローナ、マーキュリー、ノナ、ミューズ、デシマ、モルタ

木星は彼の父に何をしましたか?

木星が父親との戦争に勝ったとき、彼はただ彼を殺したくはありませんでした、代わりに、彼は実際に彼を去勢し、彼の体の部分を取り、そしてそれらを海に投げました。私は少し遠い音を知っていますが、それが記録されているものです。

ローマの神ジュピテルに相当するギリシャ語は誰ですか?

はい、木星はローマの神であり、ギリシャ神話ではゼウスと呼ばれています。あなたがそれを逃した場合に備えて。これらの2つの神は同じであり、同じ物語に従います。ギリシャ人もローマ人も木星を崇拝していました。彼は非常に攻撃的で堂々とした神であり、人々の真の支配者でした。

ローマ人は木星を崇拝しましたか?

そうです、ローマ人自身が私たちのように一つの神を本当に信じたことは決してありません。彼らは本質的に祈りに基づいた神を持っていました。たとえば、作物を育てたいのであれば、収穫や天気の良い日を担当する神がいます。

母親を守る出産の神がいました。しかし、木星は史上最も崇拝された神の1つでした。彼らは彼を崇拝するためにローマに多くの彫像を建て、彼にちなんで場所やアイテムに名前を付けました。木星の崇拝は非常に一般的だったので、彼らはさまざまな犠牲を払い、カピトリーノの丘などのさまざまな寺院を建てました。戦後、軍はしばしば木星の名前を唱えるパレードを行いました-彼が敵を征服または打ち負かすのを助けたと信じていました。

今日、私たちの現代の世界では、私たちは一般的に1つの神、特にキリスト教を信じています。しかし、ローマ神話に戻ると、ギリシャ神学と同様に、多くの異なる神々が崇拝されていました。木星に対する人々の意見に関して、古い物語には多くの異なる説明がありました。興味深いことに、ローマでは木星の意見が時間とともに変化し、皇帝が権力を握ったという事実は、神々が真の力であるという信念を弱めました。木星の絵や絵にはさまざまな種類がありますが、通常、木星は杖や稲妻を持って提示されます。

ジュノとヘラは誰でしたか?

ジュピターと結婚したジュノは、女神の女王であり支配者でした。彼女はギリシャ神話ではヘラとしても知られていました。すでに指摘したように、彼女は実際には姉妹でもありました。彼女は彼女の結婚を守りたかったので、彼女は木星の愛好家を破壊しようとしました。彼女は実際に一度ガドフライを送って、邪魔になる女性を殺しました。動物のトーテムに関しては、ジュノは馬と牛の両方と関係があり、アルゴスとして知られる街の女神でした。

黒と白の意味で夢を見る

ポセイドンまたはネプチューンは誰ですか?

ローマ神話では、ポセイドンはネプチューンとしても知られていました。彼は木星の兄弟でした。偉大な力の神であり、木星の兄弟。彼は海の支配者であり、ギリシャの首都アテネの守護神として知られていました。

デメテル/セレスは誰でしたか?

これは木星の姉妹であり、彼女の名前は古代ギリシャ語で母親を表しています。毎年、一般的に春に、女性だけが彼女を称えてパレードできるお祭りがありました。彼女は成長の女神でした。ローマの多くの死すべき者は、豊作を確実にするために彼女に祈っています。

アテナまたはミネルバは誰ですか?

これは木星の好きな子供であり、木星がメティスとして知られている女神である母親を飲み込んだ後に生まれました。本質的に、彼女は知恵の女神でした。その結果、彼女はギリシャ文明全体で崇拝され、多くの異なる寺院がありました。

アルテミスとダイアナは誰でしたか?

これは森と一般の女性の女神でした。彼女は女性のことを気にかけ、出産の指導と援助を提供することになっていた。彼女は弓を細く運び、女性が出産で亡くなった場合、彼女はそれらを撃墜したと言われました。女性が妊娠している間、彼らはしばしばこの女神に祈っていました。

アフロディーテまたはヴィーナスは誰ですか?

これは、セックス、情熱、そして愛の女神でした。それは私たち全員が再現したことを確認し、彼女は実際にトロイア戦争に非常に貢献しました。彼女はジュリアスシーザーにさかのぼることができるさまざまな恋愛関係を持っていました。

アポロは誰ですか?

これは木星の息子であり、彼の母親はレトでした。アポロはまた、戦争の訓練を受けたハンサムな男として多くの異なる著作で示されています。使用した武器は弓矢でした。

木星のこの概要を楽しんでいただけたと思います。ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。ローマ神話とギリシャ神話はどちらも非常に複雑で理解しにくい場合があるため、これをできるだけ簡単にするように努めました。私の概要で最も重要なポイントは、これが最終的にはローマ人の神々の王であり、ギリシャ神話とローマ神話の両方で強力な人物であったということです。

出典: フレイザー、R.M、1983年、オクラホマ大学出版局、ヘシオドスの詩。ギリシャとローマの神話HAGuerber著、木星:神々の王、天空神、神殿による嵐(著者)タイタンの戦い、不滅隊など、木星に捧げられたさまざまな種類の映画があります。しかし、いくつか。木星は彼の兄弟の末っ子であり、しばしばかなり攻撃的であると出くわしました。

人気の投稿