初期のコロナウイルスの症状には、下痢、食欲不振、研究によると

コロナウイルスのパンデミックは、最近、最もストイックな個人でさえ自分の健康を心配しています。非常に多くの人々が家にいて、ノンストップの警報ニュースレポートを見ているので、ほとんどすべての人が彼らが持っているかもしれないと感じ始めています コロナウイルス症状 。季節風邪、インフルエンザ、そして醜い頭を育てるアレルギーもあり、知るのは難しいです あなたの症状が標準的な季節性疾患である場合 またはより危険な新規コロナウイルス。さて、に発表された新しい研究 American Journal of Gastroenterology COVID-19患者のほぼ半数が最初に非常に異なる症状を示すことを明らかにします:下痢のような消化器系の問題。

ヘビの夢に噛まれた

COVID-19に関する武漢医療専門家グループの研究では、武漢と中国の湖北省に入院している204人の患者を調査しました。調査結果によると、患者の48.5%が、「主訴」は下痢、胃のむかつき、食欲不振、腹痛、嘔吐などの消化器症状であると述べています。

消化器症状のある人のうち、84%が食欲不振、29%が下痢、0.8%が嘔吐、0.4%が腹痛を経験しました。



呼吸器系の問題は、咳や呼吸困難など、コロナウイルスに関連する最も一般的な症状ですが、分析された患者の3%は消化器症状を示しましたが、呼吸器症状はまったくありませんでした。



ながら CDCの症状リスト 発熱、咳、息切れが含まれるこの新しい研究は、胃の問題が同様に警戒すべき早期の警告サインである可能性があることを示唆しています。



セックスの神になる方法

「臨床医は、下痢などの消化器症状がCOVID-19の特徴である可能性があることを念頭に置く必要があります」と、COVID-19の武漢医療専門家グループの研究者は研究で書いています。 「これらの症例では、呼吸器症状が現れるのを待つのではなく、より早く指数の疑いを提起する必要があるかもしれません。」

人気の投稿